×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職回数が多いケース等の職務経歴書の書き方

転職回数が多いケース等の職務経歴書の書き方はどうしたらいいのでしょうか?

フリーターの職務経歴書の書き方

会社の利益向上に行なった努力・工夫をアピール

☆職務経歴書は、会社の利益向上に行なった努力・工夫をアピール

フリーターの職務経歴書の書き方について注意すべきポイントは、フリーターの勘違いです。「正社員とアルバイトは仕事形態が異なるだけで、中身はあまり変らないのでは」と考えてしまうことです。正社員とアルバイトでは責任の重さや仕事の範囲が全く異なります。アルバイトは、与えられた範囲の仕事だけを、基本的にはこなせばいいのですが、正社員のケースは、自分の仕事を常にこなしつつ、会社の利益を考えなければなりません。

まずこのポイントを自覚しないと、アピールは間違った方向になってしまい、「ビジネス感覚がない」と思われてしまうので注意が必要でしょう。

例えば社員の人は、売上を増加さすべく、どのような努力・工夫ができるか、仕事の効率アップのために何ができるかなどを常日頃から考えているものです。

「会社の利益になるための努力・工夫」はアピール材料となるので是非織込み、転職活動においてのフリーターの職務経歴書には、これらのものを十分に織込んでいきましょう。