×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職回数が多いケース等の職務経歴書の書き方

転職回数が多いケース等の職務経歴書の書き方はどうしたらいいのでしょうか?

転職回数が多いケースの職務経歴書の書き方

職務経歴書には、転職回数が多くても意味があったことを伝えよう

☆職務経歴書には、転職回数が多くても、意味があったことを伝えよう。

男性でも女性でも転職回数が多いと採用担当者は不安になります。女性は転職を後ろ向きに繰り返したわけでないことを、丁寧に伝えていく必要があります。例えば、女性で転職は繰り返してきたものの、キャリアアップのためなど自分なりに意味ある転職であったケースでは、そのことがしっかりと伝わる内容にする工夫が必要でしょう。過去どのような仕事でどのような実務能力を身に付けてきたか、またそのキャリアアップは女性でも転職・再就職をしたからこそ実現できたという旨を書きましょう。

転職を計画性なく繰り返してきたケースでは、「これで転職は最後」という覚悟の上、ライフプラン、キャリアプランを練ることから始めましょう。その上で女性の転職活動の職務経歴書には、

@過去の職務経歴を均等に全て書くのではなく、希望職種に関係するものを強調して書きます。

A「一身上の都合」という退職理由で済ませず、「〜の仕事を希望し、会社にアプローチしたが叶わなかったため退職」など具体的に書きます。

Bいろんな経験をしてきたからこそ、得られたものを書きましょう。

このように、転職回数が多いケースの女性の転職活動においての職務経歴書には、これらを十分に織込みましょう。